世界中の人たちが感動する商品・サービスを提供するため、常に挑戦し続けます。

瀬戸内海の離島 大崎上島の塩田跡の池。
自然豊かな環境を舞台に、塩田跡の池が生み出す生命力に日々感謝し、ファームスズキは養殖を営んでいます。
様々な生き物が共存する塩田跡の生態系を守りながら、池の環境に寄りそった養殖スタイルのため、
大量生産はできませんが、牡蠣・車海老・あさりたちは健康で美味しく育ちます。
日本のどこにもない塩田跡の池の恵、ファームスズキの結晶をご紹介します。


PRODUCT

広島県大崎上島の大自然と、塩田跡の養殖池の恵みたち。

養殖の舞台は、塩田跡の池。
様々な生き物が共存する池の生態系を守りながら、池の環境に寄り添ったスタイルで養殖しています。

一年の内数ヶ月間は、池の水を全て抜き池を休ませ、ふかふかになるまで池底の土を耕し干す。
生き物たちにとって居心地のよい環境を作るため、春は毎日この作業を繰り返し行います。
こうすることで池の環境が整い、生き物たちは病気をすることなく元気に育ってくれます。

生き物たちが赤ちゃんの時期である夏は、一年の中でも特に水質管理に注意しています。
日々の体側。数時間おきの水質計測。池に潜り池の環境を目で見て把握します。
水車を回す、海水を入れる、これらのことを細かく行うことで、生き物にとって居心地の良い環境に整えています。

また、よりきれいな水で生き物たちを管理するため、井戸を掘り、地下から汲みあげた海洋深層水を使用しています。

このような池の環境に寄り添った養殖方法で、薬品などを一切使用しない、

有機的なスタイルをファームスズキでは確立しています。


広島県の全生産量の約0.3%にあたる希少な高品質かき
「広島プレミアムトップかき」に選ばれました。

国内唯一の塩田熟成牡蠣 クレールオイスター

「おいしい生牡蠣を伝えたい。」 「世界中で愛される生牡蠣を育てたい。」 そんな思いでできた商品が、 この生食専用の牡蠣「クレールオイスター (塩田熟成牡蠣)」です。

欧米式の養殖方法を取り入れ、一粒ずつ丁寧に塩田跡の養殖池(クレール)で育てています。
クレール特有の植物プランクトンを食べる牡蠣は、時期的にエラがエメラルドグリーンになります。
塩田跡を利用した牡蠣養殖で有名なフランスでは、最高級ブランド牡蠣「グリーンオイスター(緑牡蠣)」として愛されています。


また、この環境で育った牡蠣は海で育てた牡蠣よりも甘みが強く、芳醇でマイルドな味わいです。


縦縞が特徴の縞牡蠣 ( STRIPE OYSTER )は、広島牡蠣の原生種と言われ300年以上の歴史があります。
人工種苗生産から養殖、毎年一番良く育った牡蠣を翌年の親貝として育てた、ファームスズキのサラブレッドオイスターです。出荷まで一度も海に出ることなく塩田跡の養殖池で育てたこの牡蠣は、 心が震えるほどの驚きを与えるうまい牡蠣です。


究極の牡蠣燻製

広島県・瀬戸内海産の牡蠣を使った牡蠣の燻製です。
「世界に広島牡蠣を売る!」を掲げ、手がけた商品がこのサクラスモークオイスターです。
サクラのチップでじっくりと燻した後、小豆島産のエキストラバージンオリーブオイルで一粒一粒丁寧に仕上げました。

薫液などに漬け込むようなことは一切していません。
現在では、オーガニックに関心の高い海外のお客様に高評価をいただき、有名デパートやホテルで取り扱いいただけるまでに至りました。
「これだ!」と思えるものができるまで、何度も試作を重ねてできた自慢のスモークです。
すべて手作り生産のため、数に限りがありますが、牡蠣燻製の極みを、ぜひご賞味いただきたい。


広島県唯一の養殖車海老

瀬戸内海で始まり長年途絶えていた車海老の養殖。「Made in Hiroshimaの車海老をもう一度復活させよう!」 と試み、今では広島県唯一の車海老養殖場でもあります。 塩田跡の養殖池の環境を最大限に活かし、極力密度を低くすることで病気を防ぎ、薬品等は一切使用せず 有機的にのびのびと育てています。 数量はたくさん作れませんが、健康でおいしい車海老は多くの方々に喜ばれています。


塩田育ちのあさり

牡蠣同様、人工種苗生産から養殖しています。
塩田で育てた親あさりから卵を採り、2〜5mmサイズになるまで陸上水槽で育て、その後養殖池に放ち車海老と一緒に育てています。
車海老と同じサイクルで育てるため海のあさりと異なり、夏〜冬が最も身入りが良く美味しいシーズンです。
また、車海老と同じ池で養殖するため身の太りも良く育ちます。
塩田跡の養殖池では貝類の餌となる植物プランクトンが多く、外敵となるチヌやエイがいないこともあり、あさりが良く育ちます。


養殖業者様向け

SEED種苗

ハッチェリー(種苗生産施設)で育てた広島県原生種の縞牡蠣(ストライプオイスター)の5mm〜1cm稚貝を販売しています。このサイズの種苗からですと歩留りも良く育ちます。


STORY

すべてのはじまりは、池との出会いから。

2011年春、この池と出会いました。


広島県大崎上島町垂水にある塩田跡の池、はじめてこのを地を訪れた時、その環境の素晴らしさに驚き感動しました。


10万m2の広大な塩田跡の池は、鳥のさえずりが響く山々に囲まれ、気持ちの良い風が吹きぬけ、なんとも穏やかでした。
周囲の海は透明度が高く、県内でも5本の指に入るほどのきれいな海水が流れています。


「この池だ!」塩田跡の池を前に、今までに感じたことのないような予感が走りました。


当時、牡蠣などの海産物を輸出する会社を創めて間もないころでしたが、この塩田跡の池との出会いは、養殖業を営みたいという学生の頃からの夢を奮い起こさせ、僕を夢中にさせたのです。
そして養殖業への挑戦を、僕に決意させてくれました。


僕らの挑戦のはじまりは、この塩田跡の池との出会いからです。

塩田跡の養殖池の歴史、そして思い。

みかん畑が広がる山々に囲まれた大自然と、波穏やかな瀬戸内海の奇麗な海に囲まれた島、広島県大崎上島町。
気候は温暖で日照率が高く、島周辺の地域では昔 塩田を使った塩作りが盛んでした。


私たちの養殖池もその一つで、1800年代(天保元年)は天日を利用した塩作りがなされていたそうです。
塩の製法が変わったこともあり1955年代(昭和30年)、この塩田跡の池は車海老の養殖池に変わりました。


高度経済成長と共に車海老の養殖は最盛期を迎えましたが、バブル崩壊後の価格暴落やウイルス病の猛威等にさらされこともあり、車海老養殖は廃業したそうです。
約10年もの間この池は野放し状態となり、一時は産業廃棄物の埋め立て等の計画もあったそうです。

池の長い歴史は、私たちにたくさんのことを語り、たくさんのことを教えてくれます。


重機のなかった時代に人力のみで塩田を造った時代、車海老の養殖がまだ確立されていない時代に試行錯誤しながら情熱と忍耐で海老を育てた時代。そんな先人の方々の血の滲むような努力の上に、今日までこの塩田跡地が存続できていることに感謝の気持ちを忘れることなく、また先人の方々に恥ずかしくないような事業を展開したいと、希望を持って毎日励みます。

ABOUT US

FARM SUZUKI について

株式会社 ファームスズキ
725-0231 広島県豊田郡大崎上島町東野垂水37-2
TEL. 0846-65-3911 FAX. 0846-65-3912

WEB. http://farmsuzuki.jp

ONLINE STORE. http://shop.farmsuzuki.jp

Facebook. http://www.facebook.com

ACCESS

広島空港から竹原港まで車で約30分
大崎上島 垂水港から車で約5分 / 白水港から車で約10分


INFORMATION

最新情報はFacebookから